企業情報

沿革

昭和33(1958)年 鋼板剪断(シヤリング)を専業として創業
昭和36(1961)年 八幡製鐵(株)<現:新日鐵住金(株)>の指定シヤー業者
昭和39(1964)年 福岡鋼板工場第一期工事完成
昭和40(1965)年 安宅産業(株)が資本参加
昭和42(1967)年 福岡鋼板工場第2工場完成
昭和43(1968)年 福岡鋼板工場第3工場完成
昭和45(1970)年 鹿児島豊鋼材工業(株)<旧:南九州豊鋼材(株)>発足
昭和47(1972)年 苅田スチールコンビナート<現:苅田工場>本格操業開始
昭和50(1975)年 ブラジルに合併会社「アポロ重工業(株)」誕生
福岡県篠栗町に「地恩寺鐵閣」建立
昭和52(1977)年 苅田SC<現:苅田工場>にスリッターライン完成
伊藤忠商事(株)と安宅産業(株)の合併に伴い安宅産業(株)保有の当社株式を伊藤忠商事(株)が引受
昭和54(1979)年 福岡工場・苅田工場がH(ハイグレード)に認定
本社を山善福岡ビルに移転
昭和58(1983)年 生産販売一体の体制へ、福岡・苅田・長崎の3事業所制
昭和59(1984)年 本社新社屋竣工
昭和60(1985)年 長崎工場新工場竣工
昭和62(1987)年 九州鋼板剪断(株)の営業権取得 豊鋼材工業(株)若松工場とした
平成11(1999)年 旭鋼材工業(株)(宮崎県延岡市)の経営権を取得
平成13(2001)年 国際品質規格ISO9001:2000認証取得(本社営業・苅田工場・福岡工場)
南九州豊鋼材(株)を統合・合併
伊藤忠商事(株)・丸紅(株)の鉄鋼部門事業統合による伊藤忠丸紅鉄鋼(株)設立に伴い 伊藤忠商事(株)保有の当社株式を伊藤忠丸紅鉄鋼(株)が引受
平成14(2002)年 国際品質規格ISO9001:2000認証全社取得
全国ビルドH協議会加盟
平成15(2003)年 (株)日本鉄骨評価センターより溶接H形鋼製作工場として認定を受ける
平成16(2004)年 新日本製鐵(株)<現:新日鐵住金(株)>が20%の株式を取得
平成19(2007)年 長崎工場五面加工機導入
平成21(2009)年 国際品質規格ISO9001:2008認証全社取得